終活コース

残されたご家族に負担にならないように

終活という言葉は一時期ブームにもなったので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。自分が死んだ後に子どもたちに迷惑をかけないようモノの整理をしたり、死後に家族が行う整理(遺品整理)を軽くするためにも、ぜひやっておきたいことです。 

「終」という文字があるので、これをやるのは死ぬ準備になるのでは?、自分は元気だからまだ早いのでは?と考えて、やめてしまう方も多いとおもいます。

終活は、死ぬ前の準備ではなく、不要なものをそぎ落とし、人生の後半戦を毎日楽しくすごすためのものです。

家の中の整理をするには、すべてのモノを出して、選んで、不要なモノを処分し、必要なモノを使いやすく収納し直すことになるので、かなりの気力と体力が必要です。

そして「本当に必要なのか」を見極める判断力も必要です。

「要不要の判断をする」というのは思いのほか大変な作業なのです。

結婚以来、何十年も同じ家に住んでいる方は、かなりモノが貯まっている可能性が大です。

「捨てる」という判断を残された家族に委ねてしまうのではなく、自分の所有してきたモノに向き合い思い出は心にしまい、物と決別していく事。万が一の時に残されたご家族の負担を減らすのをあんがとがお手伝いします。

先送りしてしまって亡くなった後で周囲が一番困るのはやはり大事なモノが見つからない事です。整理されていないと「大事なモノが有るのか無いのかさえ分からないのが困る」と、よく聞きます。

ましてや、貸金庫を借りていたり、へそくりなどのタンス預金があったり、大切な貴金属の鑑定書はあるのに指輪が無い、と探す事もあります。せっかく溜めた資産を、引継げずに捨ててしまったりする事の無いように大事なモノを管理把握を一緒に真心込めてにお手伝いします

仲良し家族

両親が片づけなかったものの後始末のために、残されたご家族がよろこんで時間を割いてくれる分けではありません。どれほど愛情ある間柄でも、それに甘えて、後始末の負担を押しつけないように元気なうちに一緒に整理していきましょう。

終活することによって、品物が宿している意味や思い出ともう一度出会い、その品物が自分にとってどんな価値があったか振り返りながら、お客様のお気持ちに寄り添い真心込めて一つ一つ丁寧に一緒に作業していきます。

片付けすることによって、整理整頓され安全で手のかからない家を一緒に作り上げていきます。

終活コースの特徴

自分にとって必要な物は何かを見つめ直す

シニア 親

残された家族の方が困らないためにも、遺品として残すものと処分するもの自分がいなくなった後のことを考えながら片付けることが肝心です。

自分が家の中で快適に過ごすための掃除とは違い、自分以外の人のことも考えることが終活での掃除の一番重要なポイントです。

万が一のとき、家族の負担を減らすため

三世代家族写真

分がいなくなった後の荷物はどうなっても別に構わないと思っていたとしても、残された方はそのような思いを知らない場合もあります。
捨てていいのか価値はあるのか、だれかに託したいと願っているのか、とご家族が判断に迷うこともあります。

あるいは、財産の分配が終わってから思わぬところから価値のあるものが発見されて、後々骨肉の争いに発展してしまう場合もあります。
どこかにあったはずと遺族の方が財産を探し回るも見つからないということも考えられます。

残された方が困らないように、自分の持ち物を整理整頓をしておくというのも含まれています。

安心・安全・ストレスフリーな暮らしのため

片付いてるリビング

高齢になると足元が危なくなってきますし、高いところに物を置くこともできません。
奥の方にかたずけてしまうと物の存在すら忘れてしまう可能性もあります。

物にあふれるていると地震などが来たときにとても危険です。

物がきちんと整理されすっきりとした部屋で、安心・安全に生活しましょう。

生活の変化時のために

おじいちゃんおばあちゃん

すこし後にやってくるかもしれない生活の変化が起きた時にも、大いに役立ちます。変化とは…老人ホームへの引っ越しやお子さん家族との同居が必要になった時です。

年をとり、老人ホームへ移るときには、家いっぱいのモノを整理する気力、体力、判断力は残っていないことがほとんどです。

また一軒の家から一つの部屋に引っ越すことになるので、持って行けるものの数はかなり限られます。施設によっては、私物はチェスト一つ分ということも。ですが終活が済んでいれば、どうしても処分したくないものや、一時帰宅をするときに必要なものはトランクルームなどに預け、必要なモノだけを持ってホームに入ることができます。

終活コースの料金表

終活コース 3時間 15,000円~お見積もり時応相談

※サービス費用にはスタッフ1名分の出張費900円が含まれています                       ※税10%                                                 ※別途ゴミ処分代・車両代がかかる場合がございます。

終活コース利用された事例

義母が亡くなって知る終活の大切さ

港区のHさん(70代)
ゴミ屋敷

数年前に、義母が亡くなりました。

義父はすでに亡くなっており義母は都内一軒家でひとり住まいだったので、死後主人と主人の弟とが相続なのですが本当に大変でした。

物に溢れる家の中で、通帳や貴金属類を探すのがまず大変。色々なところから出てくるお金やらなんやら・・・。

そして物・物・物!大量の手紙から、主人が小さかった頃のおもちゃ、山のようにあるアルバム写真等などゴミから一見ゴミのようなゴミじゃないものまで。一つ一つ確認して、分別して、気が遠くなる作業でした。

相続の関係で弟夫婦の物でもあるので私たちの判断で勝手に捨てることも出来ず、義母の家の片付けの為義母が亡くなった感傷に浸る事も出来す、物との戦いでした。本当に今思い出してもトラウマです。

そんな思いを我が子供達にさせたくないと、思っていましたが、特に何をするでも無く過ごして居ました。そんな中、TVで遺品整理を見て義母の家を思い出し終活を始めましたが私自身高齢者になるので思うように身体が動かず、あんがとさんにお願いしました。

物が多い方だと思っていなかったんですが、始めて見ると意外に物が多くお願いして良かったと思います。

まだ、終活は始まったばかりですが、残る子供達に迷惑かけないように整理していこうと思います。

いかがでしょうか。

このように、当社の終活コースなら、心の整理とゆとりある生活が実現できます。

終活コースに興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
080-4413-3558
受付時間
10:00~17:00
LINEでのご相談も承れます
友だち追加